俺が付き添いと

俺の家が葬儀屋だからなのかは分からないけど、うちには頻繁に奴らが出る。

葬儀の仕事は大抵父と祖父が受け持っているのだが、
今回は2つ仕事が重なったこともあって兄が火葬の仕事を手伝うことになった。
兄は困惑した面持ちで父と共に火葬場へと車を走らせていった。
俺に頼まれなくて良かった~と思いつつ兄の帰りを待っていると、
予定よりも1時間ほど早く兄だけが帰還してきた。
顔面蒼白だったが、兄は貧血をよく起こす体質だったのであえて触れない。
「おかえりー早かったな」
俺がそう言うのと同時だった。兄が盛大に嘔吐する。
ゲボゲボ言いながら
どこからそんなに大量の嘔吐物が出てくるんだろうかと思うほど嘔吐していく。
呆気にとられていると、
兄は足を引きずりながらトイレへ走っていった。
ゲロ吐くほどグロテスクだったのか…としか思っていなかったのだが、
それだけではなかったということが後に発覚する。

兄は日を追うごとに痩せていった。
食欲が全く沸かない上に目眩が激しいらしく、
当時通っていた大学も休みがちになってしまった。
それに加え、兄は常に何かをブツブツと呟き続けている。
耳を澄まして聞いてみると「いる…やべぇ…こえぇ…」
というフレーズを延々と繰り返していた。
一週間たってもそんな調子が続いていたので、
楽天的な性格の父母もヤバイと感じ始めたらしく、病院へ出向くことになった。
母も父も仕事があるらしく、俺が付き添いとして兄についていった。
医者曰く「脳系のアレかもしんないから、検査してみようか」
アレって何だよと思ったが、兄を別室に送り出した。
結構な時間を待たされ、ようやく名前を呼ばれる。
医者が二人に増えていた。難しい顔で兄の病状を伝えられた。

人間には脳に無数の神経が走っている。
その中に、C系神経なるものがあるらしい。
C系神経にアドレナリンが分泌されると人間は恐怖や驚きを感じるとのことだ。
兄は常にC系神経が刺激されていたと告げられた。
ほら、深夜にネットで怖い話を見た後トイレに行ったときなんか
最高に怖いじゃないか。兄は常にその状態だったらしい。